service業務内容

service02
事業承継

妻68歳、
そろそろ二人で旅をしてみたいと思う。

NEXT STAGE

当社では2014年の開業以来、病医院の事業承継の実行支援に数多く関わって参りました。
病医院の事業承継や譲渡を考えているドクター(売り手)と事業を引き継ぐドクター(買い手)の間にFA(ファイナンシャルアドバイザー)として間に立ち、両者に取って最良の実行支援を行っています。
これは一般にはM&Aと呼ばれていますが、病医院の場合にはBusiness Succession(事業承継)という表現の方がふさわしいように思うため、当社では一括して「事業承継」と呼んでいます。

親から子への事業承継と相続対策について

親から子へ病医院を譲ることは、難しくないことのように思われます。しかし、実行時期や方法によってかかる費用は大きく異なります。
親子間の事業承継は、相続対策に他なりません。当社ではトラブルなくスムーズに行えるよう実行にかかる支援を行っています。

親子間事業承継の流れ

  • 1. 個別相談による現状把握 ①理想的な将来像を確認する
    ②現状でのリスクを把握する
    ③現在の相続対策の過不足を確認する
    ④実行までの時間を確認する
    ⑤実行にかかる費用を確認する
    詳しくはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

    お問い合わせフォーム

  • 2. 事業承継前に必要な対策を実施 ①長期的な対策を行う
    ②短期的な対策を行う
  • 2. 対策実行と結果の検証

第三者に病医院を託す 第三者間の事業承継について

跡継ぎ不在の病医院の場合、第三者のドクターに託す事業承継を行います。
後継者探しに難航しているとご相談いただいた際には、病医院を託すにふさわしいドクターを探すお手伝いから入らせていただいております。
また、ご自身で承継したいドクターを見つけていらっしゃる場合でも、金銭が関わる問題ですので依頼者の方にとって不満を残さない最善の方法で事業承継が行えるよう、支援を行っています。

事業承継を成功に導くノウハウがあります

※事業承継における仲介方式の場合。アドバイザリー方式の場合、一部手順が異なります。

譲渡(売却)の準備段階

  • 1. 個別相談による現状把握 まずはお問い合わせフォームにてお問い合わせください。
    ご面談では、第三者間事業承継に関するメリット・デメリット、流れなどのご説明を差し上げます。その後、お客様の希望条件(候補者の有無、譲渡内容、譲渡価格)、実行を希望する時期や現状についてヒアリングさせていただきます(秘密厳守)

    お問い合わせフォーム

  • 2. アドバイザリー契約の締結 ご面談にて、当社サービスをご理解いただき、ご納得いただきましたら、次に実行支援に関する契約「ファイナンシャル・アドバイザリー契約(事業譲渡仲介契約)」を締結させていただきます。
  • 3. 必要書類のご提出 専門スタッフによる病医院等評価に必要な書類一式(※)をご提出いただきます。
    ※決算書のコピー、賃貸借契約コピー、リース契約書コピー、パンフレットなど
  • 4. 病医院の価値評価
    (バリュエーション)
    書類を元に、対象となる病医院等の評価額を算出します。
  • 5. 買い手候補の選別と打診 買い手候補者をリストアップし、お客様と一緒に選別作業を行った後、買い手候補に対してお客様の案件を打診します。この段階ではお客様の秘密情報は匿名で打診しますのでご安心ください。
  • 6. 買い手候補との秘密保持契約締結 買い手候補が興味を示し、お客様(売り手)も先に進めても良いと判断した場合は機密保持契約を締結し、詳細内容の開示を行います。買い手候補が現場の視察に訪れることもあります。(担当者が同行します。)

交渉

  • 1. 両者によるご面談 担当者立ち合いのもとでお客様(売り手)と買い手候補で実際に顔を合わせてご面談となります。お互いの人間性などを見つつ、相互に質問し、疑問点を解消します。
  • 2. 条件調整 担当者が双方の間に立ち、希望売買価格や条件面での調整を行います。
  • 3. 基本合意 交渉内容や条件面で双方が大筋合意出来たら、「基本合意契約」を締結します。(中間報酬のお支払いをお願いします。)
  • 4. 家主への承諾 不動産が賃貸物件の場合には、家主様への承諾を行います。

事業承継・譲渡の実施

  • 1. 買収審査(デューデリジェンス) お客様(売り手)からお預かりしている資料や情報に間違いがないか、買い手候補側にて審査を行います。
  • 2. 最終条件の交渉 買収審査の結果を以って、売買価額や条件を最終決定します。
  • 3. 売買契約の締結、
    成功報酬のお支払い
    売買契約を締結します。賃貸借契約変更などの必要な諸手続きも行います。ファイナンシャル・アドバイザリー契約に基づき、買い手より受け取る譲渡代金より、成功報酬額を控除した額を、お客様(売り手)のご指定口座へお支払いして完了となります。

※上記の流れは仲介方式による一般的なものなので、条件によっては順序や内容が異なる場合がございます。

医療法人の解散・個人なりについて

跡継ぎ不在の病医院のもう一つの選択肢として、医療法人を解散して個人の診療所として診療を続ける方法があります。
また、院長の急なご逝去等により、やむを得ず廃業を選択しなくてはならないこともあります。

医療法人を解散する際、持ち分の取り扱いや相続税等の問題が発生し、多額のキャッシュが必要になることがあります。このような場合に備えて将来に向けた対策を取れば負担を最小限に押さえられます。

解散・個人なりの流れ

  • 1. 現状把握 ①理想的な将来像を確認する
    ②MS法人の有無
  • 2. 対策内容の決定 ①早期に行うべき対策を決定する
    ②長期的に行うべき対策を決定する
  • 3. 実行と検証

事業承継アドバイザリーには2つのパターンがあります

当社が事業承継アドバイザリー(FA:ファイナンシャル・アドバイザリー)として関わらせていただく場合、2つのパターンがあります。

  • アドバイザリー方式
  • 仲介方式

NDA(秘密保持契約)

売り手と買い手双方が自社のFAをつけて交渉を行う「アドバイザリー方式」が一般的ですが、小規模な事業承継では「仲介方式」で実施される場合もあります。
当社はデロイトトーマツM&Aプラス会員※として幅広い相手先の中からマッチングを図ることが可能です。お客様にとって最善の事業承継が行えるよう実行支援を行って参ります。

(※)デロイトトーマツM&Aプラスでは、アドバイザリー方式のみを採用しております。